舩橋先生を偲ぶ会

 法政大学サステイナビリティ研究所(Institute for Sustainability Research, Hosei University, Tokyo)の副所長であった舩橋晴俊先生が、2014年8月15日に急逝されてから、早くも1年が経とうとしています。去る2015年7月12日には、全国津々浦々から、またさまざまな職業・階層の方々約350名が法政大学に集い、「先生を偲ぶ会」が開かれました。
 この追悼文集『船橋晴俊 研究・教育・社会変革に懸けた一筋の道』は、妻である舩橋恵子様の責任編集の下で作成され、当日参集者に配布され、その後、国内外の多くの研究者にも贈られました。
 故舩橋先生の歩まれた道と、存命であれば探究されたであろうさまざまな研究課題等について、さらに広く国内外の多くの方々に知っていただきたく、本研究所のホームページに掲載するものです。

memories_of_prof_funabashi

 

舩橋晴俊

研究・教育・社会変革に懸けた一筋の道

memories

(2015年8月12日)